contact us

interviewinterview

先輩社員紹介

SYOGO UTAHARASYOGO UTAHARA
歌原 省吾

ビジネス本部ソリューショングループ
2020年入社
(県立広島大学 経営情報学部経営情報学科卒)

世界の市場で戦う地元メーカーを
システムでサポート

 ソリューショングループに所属する私は今、地元自動車メーカーにて部品の受発注を管理するシステムの開発を担当しています。組み立てる車両の台数に合わせ、部品の在庫状況を確認し、発注が必要なものがあれば部品メーカーに情報を送信します。このシステムに不具合が生じると、部品が届かず製造ラインが止まり、膨大な損失を出してしまいます。ですから少したりとも気が抜けず、常に大きなプレッシャーを感じながらの業務となります。でも、激動する自動車産業界にあって、世界を相手に市場獲得競争を続ける地元メーカーの一助になれていることがとても嬉しく、大きな誇りとやりがいを感じる毎日です。

システム完成時の達成感をチームメンバーで共有

 開発業務は、お客様からの要望に対していくつかの工程に分けて作業を進めていきます。まず、お客様への説明時に用いる「外部設計書」を作成します。これはシステムの機能について、誰が見てもわかるようにまとめたものです。
 次に、プログラム機能の具体的な処理の流れをまとめた「内部設計書」と、操作画面のレイアウトや処理機能をまとめた「画面設計書」を追加で作成していきます。これら設計書をしっかり作成することで、機能の実装漏れなどのミスを大幅に減らすことができるため、細部の細部まで気を配りながら進めていきます。
 そしてこれらを経て、初めてプログラムの工程となります。一つのプロジェクトには複数人がチームを組んで参加します。個々の進捗状況のすり合わせなど、しっかりとコミュニケーションをとりながら同じゴールをめざします。
 システムは、小さなプログラムがいくつも集まり積み重なって完成形となります。1箇所を変えたからと言って全体が劇的に変わるものではありませんし、そもそも必ず思い通りに動いてくれる保証もありません。その中で、一つ一つトライ&エラーしながらプログラムを書いていき、最終的に目標としていた機能が実装できた時の達成感は、言葉で言い尽くせないくらい大きなものです。それをチームのメンバーで分かち合えることもこの仕事の醍醐味だと思います。

ITの力で日常生活を
もっと豊かに、もっと便利に

 大学進学で情報系の学部を選びましたが、実は特に明確にやりたいことがあったわけではなく、PC関連のスキルがあればどの道に進んでも役に立つだろうという漠然とした気持ちでした。
 ところが、大学3年となり何気なく選んだのは、学部内でも一番厳しいと言われているゼミ。ブルートゥースという通信を利用して、災害発生時の緊急情報をスマホなどの小型端末へいち早く届ける技術を研究することになりました。非常に研究熱心な先生のもと、シミュレーターの前に陣取って朝から夜中まで研究に没頭する毎日を続けているうちに、今学んでいる技術を使って、身近な生活シーンを「もっと便利で豊かなものにできるのでは」と思うようになり、情報系分野への就職を強く意識するようになりました。
 就活では「地元広島に貢献できること」、そして「様々な分野のシステムに関われること」にとても魅力を感じ当社への入社を希望しました。入社してまだ1年ですが、仕事を通じて自分の技術や知識がどんどん増えていることが実感でき、自分の得た知識を用いて課題を解決する力も少しずつ身についてきたと感じています。まだまだ、先輩に頼りつつ仕事を進めることも多いのですが、それでも聞く頻度が減ったんじゃないかなと自負しています。

やりたいことへのこだわりが自分の将来を変える

 新卒で入社する会社は、皆さんの今後の人生にとても大きな影響を与えます。だからこそ、自分の「できること・やりたいこと」にこだわることが大切だと思います。自分の「できること」を活かし、「やりたいこと」につながる仕事を選択することで、仕事を楽しめ、積極的に様々な経験を積むことができると思います。コロナなどの影響で社会全体が不安定で大変な時期ですが、皆さんが「やりたい仕事」に出会えることを願っています。

schedule

1日のスケジュール
8:40 出社・
メールチェック
◎毎日始業20分前には出社。
前日までの進捗を確認しつつ、今日やることの確認を行う
9:00 業務開始 ◎進捗を共有するためのファイルを用いて、進捗状況を共有しつつ、作業を進めていく。
12:00 昼食 ◎スマホで漫画を読みつつ休憩。
周りでは、仮眠をとってる人もいたりする。
13:00 午後の業務開始 ◎ミーティングなどの予定をチェックしつつ、作業を再開
昼にメールが来ていることもあるので、チェックは欠かせない
17:30 終業時間 ◎終業前には、必ずプロジェクトの進捗状況を上司に報告。
プロジェクトの忙しさによっては、残業することも。
20:00 帰宅 ◎忙しい時にしっかりと仕事に打ち込めるように、日程に余裕がある日は、早めに仕事を終えるように意識して進めている。
コロナ前は、友達とカラオケで気分転換したり、サッカーやテニスで汗を流すことも。
▲PAGE TOP