contact us

interviewinterview

先輩社員紹介

MANA OKUMOTOMANA OKUMOTO
奥本 茉奈

ビジネス本部ソリューショングループ
2019年入社
(広島商船高等専門学校 流通情報工学科卒)

誰にでも使いやすいシステム開発を

 当社は、中国新聞社グループの一員として報道の現場をIT技術で支えると共に、自動車や電力、また通信事業など幅広い分野のニーズに応え、様々なソフトウェア開発やITソリューションを手がけています。
 入社2年目の私が現在担当しているのは、大手通信会社の顧客管理システムです。通信サービスを利用されるお客さまが料金を確認したり、オプションサービスの申し込みをされる際に利用するもので、どなたにもわかりやすく使いやすいものになるよう、常にお客様目線で開発を心掛けています。

ものづくりで地元貢献がしたい

 コンピュータに慣れ親しんで育った世代として、子供の頃からゲームやプログラムに興味があり、進路先として選んだ広島商船高等専門学校では、ソフトウェア,システム,ネットワークについて勉強しました。中でも一番印象に残っているのは、プログラム実習で、アトランダムに並んだ数字を順番にタッチしていくスピードを競うゲームを作成したこと。プログラムの難しさと共に、ものづくりの楽しさを実感することができました。この体験により、将来はものづくりを通じて地元貢献したいという思いが強まり、当社への入社を決めました。
 就活時に参加したインターンシップで、指導担当の方々が私たちの質問に対してとても親身に応じていただけるなど、社内の雰囲気の良さに惹かれたことも決め手の一つです。

先輩方からの声がけがモチベーションに

 学校でシステムを学んだとはいえ、入社当初はプログラムの知識も乏しく、システム仕様書を正しく理解することがなかなかできませんでした。自分が思い描くようにプログラムが動作してくれず、「なぜ?」の連続に気持ちが焦るばかりです。原因を自分で調べ、それでも分からない場合は先輩方に対処法を聞きます。先輩方は忙しいにもかかわらず、私が理解しやすいよう図や例を用いながらその都度丁寧に教えいただき、そのフォローもあって少しずつプログラムへの理解を深めることができました。
 そして、自分の力で書いたプログラムが仕様書通りに動いた時は涙が出るくらい嬉しかったことを覚えています。
 開発業務は、複数人でチームを組んで進めることがほとんどです。大きなシステムもメンバーが協力しながら完成させた時は、大きな達成感とやりがいを感じることができます。開発途中でも常に、先輩方が「元気?」、「どんな感じ?」などと声をかけていただくほか、相談にも親身にのっていただけるため、「もっと頑張ろう!」という意欲につながっています。

厚い信頼を寄せられるエンジニアに

 社会人となり、何事にも責任感を持つようになりました。
 学生の頃は、失敗をしても困るのは自分だけでしたが、仕事では些細なミスでも周りに多大な迷惑をかけ、信頼をも失ってしまいます。働くということを通して、自分の行動には責任が伴うということを常に自覚し、業務にあたることができるようになりました。

 今後は、設計段階から任されるシステムエンジニアをめざします。そのためにも常に向学心を持ち、プログラミングの経験を積み重ねていくことで、技術と知識を向上させていきたいと思います。そして、的確かつスピーディな対応でお客様から厚い信頼を得ている先輩方のようなエンジニアになりたいです。

やりたいことを見つけよう

 人生に壁はつきものです。でも、うまくいかないからと諦めるのではなく前向きに物事を考え、やり抜く力を持つことが大切です。
 IT業界では、常に新しい技術が出てくるため、最新の技術や知識を取り入れるように、日々向上心を持って努力できる人が向いていると思います。
 就活では色々悩み事も多いと思いますが、「自分は何をしたいか・どんな仕事につきたいか」を考えることが大切だと思います。いろんな業界の話を聞いて、自分のやりたいことを見つけてください。

schedule

1日のスケジュール
8:50 出社 ◎毎日始業10分前に出社。
9:00 業務開始 ◎メールの確認をし、システム開発作業。
12:00 昼食 ◎同期社員と昼食。
13:00 午後の業務開始 ◎システム開発作業。
17:30 終業・帰宅  
20:00 帰宅 ◎帰宅し、料理が趣味なので、夕食づくり。
休日はゲームとアニメ三昧でリフレッシュ、英気を養います。
▲PAGE TOP