contact us

interviewinterview

先輩社員紹介

MAIKO WAKISAKAMAIKO WAKISAKA
脇坂 麻衣子

ビジネス本部ソリューショングループ
2019年入社
(広島大学 教育学部第一類卒)

誰もが使いやすく
安定したシステムをサポート

 私は現在ソリョーショングループに所属して、中国新聞社系列のカルチャースクールの会員管理システムの構築や運用業務を担当しています。スクールを利用する方が、受講したい講座を素早く探して簡単に予約ができたり、受講予定や受講履歴をいつでも確認できるなど、誰もが使いやすい仕組みや環境をIT技術でつくるのが仕事です。
 私自身は入社1年目ですので、先輩社員のフォローワークが中心となります。システムに機能を追加する際には、画面設定や要件定義などの資料作成やデモ画面のコーディングなどを行います。資料の作り方によって、打ち合わせがスムーズに進むかどうか変わってきますので、こちらの意図が相手にうまく伝わるよう工夫しながらまとめています。多くの方が利用するシステムですから、より安定してより使いやすいものにしていけるよう、少しでも先輩方の力になれればと毎日奮闘中です。

教育学部からシステムの世界へ挑戦

 大学では初等教育や特別支援教育を学び、教師をめざしていました。教育実習やボランティア活動では、新しい発見も多く貴重な経験を積むことができました。ただ就職活動の時期に入り、教員試験の準備と並行して業界研究や会社研究を進めていく中で、自分の違う可能性を確かめたくなり、最終的に一般就職の道を選びました。金融や流通、メーカーなど様々な会社の説明会に参加しましたが、自分にとって未知の分野であるIT・情報系分野に興味が湧き、当社への入社を希望しました。地元から信頼されている中国新聞グループの会社であり、メディアだけでなく、製造や流通、銀行や通信など幅広い分野で活躍し、しっかりと地元を支えていることが魅力でした。面接時に「全くプログラムの知識がない文系の方でも、入社後にしっかり身につけられるので大丈夫」と言ってもらえたことも決め手になりました。

研修でしっかりとプログラムの基礎を

 プログラムについて、知識も経験も全くないまま入社しましたので、最初は戸惑うことばかり。内定者研修では、HTMLとデータベース言語であるSQLを中心に基礎を教わり、新入社員研修では3か月間、Javaなどプログラム言語を加えた応用編を勉強しました。
 研修課題として、ショッピングサイトの受注管理システムを構築することになりましたが、なかなか思うようになりません。わからないことがわからない状態です。同期入社は5名ですが、IT系学部出身者にフォローしてもらいながら進めていきます。やっと完成しうまく動いた時には、飛び上がるほど嬉しく、メンバー全員が肩をたたき合いながら喜びました。研修後の配属先はそれぞれ違いますが、定期的に同期会を開き、担当する仕事のことなどいろいろ情報交換をしています。互いに良い刺激を受けながら切磋琢磨しあえる心強い存在です。

時間を有効に使うことがプロの条件

 業務の合間を縫ってプログラムも日々勉強の毎日です。わからないことがあれば、先輩がたが親身になり、理解できるまで根気よく教えていただけるので、プログラムの応用知識も少しずつ増やすことができています。入社当時できなかったことができるようになり、微力ながらも先輩をサポートできる範囲が広がるごとに仕事の楽しさとやりがいを感じます。
 社会人となって心がけていることは、行動する前にきちんと計画を立てて動くことです。思いつくままに動いても無駄が多く、効率が落ちるばかりです。まずは目的の確認とどのような手順で進めていくかを頭の中で整理し、段取りを考え、仕事に取り掛かります。時間を有効に使うことはプロの条件です。しっかりと計画通りに業務をこなせるよう努力を怠りません。将来は先輩がたのように、お客様から厚い信頼を寄せられるシステムエンジニアになるのが目標です。

就活では周りの人のアドバイスが勇気に変わる

 就職活動は、自分の思い通りにならないことがほとんどです。でも悩みや不安を自分一人で抱えていては心が折れてしまいます。友人や先生、そして家族に話を聞いてもらいアドバイスをもらうことで、ゴールを目指す勇気をもらえます。私自身、IT分野への挑戦を両親に相談したところ、私以上にワクワクしながら全面的に応援してもらえました。
 皆さんも焦らず、じっくりと就活に取り組んでください。そしてITや情報分野に興味がある方、ぜひ当社も覗いてください。文系出身のシステムエンジニアも大勢います。自分の技術で地域に貢献できるやりがいある仕事を一緒にしていきましょう。

schedule

1日のスケジュール
8:40 出社 10分前に出社してメールのチェック
9:00 始業 プログラミング作業
12:00 昼食 同期社員と一緒に
手作りお弁当でランチタイム
13:00 午後始業 プログラミング作業
17:30 帰宅 散歩で疲れた体をリフレッシュ
▲PAGE TOP