contact us

interviewinterview

先輩社員紹介

YUI MURATAYUI MURATA
村田 唯

ビジネス本部ソリューショングループ
2017年度入社
(広島市立大学 情報科学部知能工学科卒)

大学で学んだ知識を活かし
地元広島に貢献したい

 当社は、中国新聞社グループの一員として報道の現場をIT技術で支えることはもちろん、自動車や電力、また通信事業など幅広い分野のニーズに応え、様々なソフトウェア開発やITソリューションを手がけています。
 私は現在、システムエンジニアとして、地元金融機関や電力会社向け業務システムの開発を担当しています。「お金」と「電気」、どちらも利用者から絶対的な信用を求められる分野ですので、システムには堅牢さと安定性が強く求められます。ひとかけらの不具合も許されないため、常にプレッシャーとの戦いです。でも、責任ある仕事を任せてもらえていることに大きなやりがいを感じています。もともと、自分の知識や技術を活かして、地元に貢献したいと思っていましたので、その思いが叶ったことがとても嬉しく、毎日が充実しています。

プログラムが思い通りに動いてくれる!
何よりも嬉しい瞬間です

 プログラム開発の進め方は、まずお客様からどんな仕組みが必要なのかヒヤリングを行うことからスタートします。要望を「要件定義書」にまとめ、OKとなれば、詳しい設計が「基本設計書」や「詳細設計書」に落とし込まれ、ようやく プログラミング作業へと移ります。ここからはひたすらパソコン画面に向き合い、プログラムを書いていく日々が続きます。
 入社当時は、設計書で要求されている内容を読み解くことも至難の技。当然あるのが当たり前のプログラムなどは、設計書に書かれていないことも多く、さらに開発案件によって使用するプログラム言語が違うなど、戸惑うことばかりでした。
 そしてプログラム完成後の動作確認テストでも、なかなか思うように動作してくれません。エラーの原因を探し修正し、再度テストを行います。このテストと修正作業を繰り返し、ようやくプログラムがきちんと動いてくれた時には、とても嬉しく、思わず「やった」と声が出てしまいます。
 このように一つ一つ経験を積み重ねながら、システムエンジニアとしての腕を磨いています。

高校時代はHTMLにはまり
大学ではAIプログラムを研究

 高校時代、ホームページ作りのためにHTML言語を勉強したことが、プログラムの世界に興味を持ったきっかけでした。大学も情報系に進み、知能工学を専攻。感情を伴うコミュニケーションができるロボットができればいいなと、「嬉しい」「悲しい」と言った人の感情を声によって推定できるAI技術を研究しました。今の業務とは分野が違いますが、その時に学んだプログラムの知識は、現在大いに役立っています。

先輩社員のフォローも心強く
働きやすい環境がここにあります

 学生時代と違い、今はプロとしてお客様の要望に応えなければいけません。プログラムの世界も日進月歩で変わりますので、新しい技術を習得するために、日々の勉強が欠かせません。また、業務を進めていく上で分からないことがあれば、まずは自分で徹底的に調べるとともに先輩社員の方に質問をして確認します。先輩方も親身になって、理解できるまで根気よく教えていただけます。そのフォローがとても心強く、新しいプロジェクトにも不安なく取り組むことができます。
 今後の目標は、お客様の業務内容に精通し、どんな要望にも的確に応えられ、大きな信頼を寄せてもらえるシステムエンジニアになることです。

一生に一度のチャンス

 この仕事に向いているのは、切り替えが上手でいつも前向きに物事を考えられる人です。最初からすべてがうまくいくことなんかありません。失敗してもすぐに気持ちを切り替えて、次に進むことが大切です。
 就活生の皆さんも色々悩んだり、迷ったりすることと思います。大変かもしれませんが、今が一生に一度のチャンスだと思って、思いっきり自分のしたいことを探してください。

schedule

1日のスケジュール
8:50 出社 毎日大体10分前に出社
9:00 始業 システム開発作業
12:00 昼食 先輩社員と昼食
大好きなカープの話で盛り上がります。
13:00 午後始業 システム開発作業
17:30 終業
帰宅
ほとんど残業はありません。

昼休みは先輩とカープ話で盛り上がります

▲PAGE TOP