Recruit 採用情報
ワーカーズビュー (各部署・職種の情報)
ビジネス本部 システムグループ 下沖圭司さん

学生時代に学んだことを活かせる職場で働きたかった。

 広島では、名の知れている企業であり、学生時代に学んだきたことが活かせる職場で働きたいと願っていました。ここなら、それが出来ると思い入社しました。

 

 今は、地元の自動車メーカーに行き、プログラムの開発にあたっています。  具体的に言うと、メーカーと部品製造会社をネットで結び、調達品の受発注を円滑に行うためのシステムですが、開発者側の視点でなく、利用者が使いやすいシステムは何かということを常に考えながら開発しています。

下沖圭司さん

 

業務内容を理解することではじめて
お客様の必要とするシステムができる。

 お客さまの業務の内容を理解することがまず大変です。普段では聞きなれない専門用語などたくさん出てきます。しかし、業務の内容を理解して初めてお客さまの本当に必要とするシステムを提案することができるので、業務の知識などは日々勉強です。

 

 お客さまにとって新しいソフトウエアの導入は、慣れないなどの理由で抵抗がある場合も少なくありません。でも、使い続けるうちに便利だと実感していただき、多くの方に活用していただいた時は、やはりすごく嬉しいですね。

 

 

社会人としての自覚が身についてきた。

 仕事を通じて、知識、技術はもちろん身につきましたが、社会人としての自覚が一番身についてきたかなって思います。この仕事に限ったことではないと思いますが学生と社会人では全く違います。

 働いてお金をもらって仕事をしているわけですから責任もあり、簡単に妥協もできません。しかし、その分、うまくいったときの喜びみたいなものも感じることができるようになりました。

 現在は、プログラム作成が中心ですが、ひとつの仕事を任せても大丈夫なくらいの実力と信頼を身につけて、お客さまの本当に必要なシステムの提案ができるSEになることが目標です。

 

下沖圭司さん

 

コミュニケーションが得意な人が向いている。

 コンピューターに関する知識、技術はもちろん必要ですが、それは入社してからでも十分身につけることはできます。それよりもやはり、人とのコミュニケーションが得意な人が向いていると思います。

 お客さまと話すのはもちろんですが、一緒に仕事しているメンバーなどとのコミュニケーションをとることによっていい仕事ができると思います。

 

 

やる気があればぐんぐん成長していける会社。

下沖圭司さん
 この会社は先輩スタッフもすごく世話をしてくれるし、仕事を通してプログラムをどんどん学んでいけます。
 やる気があればぐんぐん成長していける会社ですから、うちの会社に入ったときは、一緒に楽しく仕事をしましょう。